« 2011年12月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年1月

エゴグラム【簡単な心理テスト】

学校は2週目に入って、面白くなってきました。
キャリアデザインという授業、要するに就職支援なんですが、その授業の中で自分のことをよく知る目的で「エゴグラム」という心理テストをしました。
それがとてもわかりやすくて面白かったので、ご紹介しようと思います。

まず、5つのブロックごとに分かれた合計50の質問に「はい=○」、「どちらでもない=△」、「いいえ=×」で答えてください。
深く考えず、ぱっぱっと直感で答えてください。
答え終わったら、○は2点、△は1点、×は0点で計算し、それぞれのブロックごとに点数を合計してください。
20点満点中、高い得点を取ったブロックがあなたの性格の特徴です。
それでは、質問いきます。

---

【CPブロック】
1.納得がいかないことには抗議する
2.理想を追求する方だと言われる
3.たいてい自分の言い分は通してしまう
4.しばしば自分に厳しい人だと言われる
5.言うべき事は言う
6.責任感の強い人だと言われる
7.目標が高い人だと言われる
8.他人に指図されるより指図するほうが多い
9.人に厳しいと言われることが多い
10.リーダーシップをとることが多い

【NPブロック】
1.人の役jに立つように行動する
2.人にやさしい言葉をかける
3.人の気持ちがなごむように話をする
4.何気ない気配りをする
5.人には暖かく接している
6.心が広いと言われる
7.人の喜びを自分のことのように喜べる
8.人助けをすることに喜びを感じる
9.人の気持ちがよくわかる
10.人の世話をよく焼く

【Aブロック】
1.議論を好む
2.他人の話を聞くときは根拠を求める
3.論理的であると言われる
4.事実の確認を行う
5.物事を言葉できちんと説明できる
6.理屈っぽいと言われる
7.自分の行為に対して自信がある
8.予測して行動する
9.大勢の前でも物怖じせず話ができる
10.物事には常に原因があるから結果があると考える

【FCブロック】
1.明るいと言われる
2.のびのびと振る舞うことができる
3.みんなと賑やかに騒ぐのが好きだ
4.ユーモアのセンスがある
5.どんなことでも試してみたい
6.じっとしているのが嫌いである
7.よく笑う
8.新しいことをやってみることが多い
9.人見知りをしない
10.常にその場を楽しむことができる

【ACブロック】
1.他人の言うことに左右されやすい
2.不当なことを言われたり、されたりしても黙っていることが多い
3.一度決めたことがよくぐらつく
4.他人に指図されることが多い
5.他人に逆らえない
6.自分の悪い面を探してしまう
7.自分の価値は低いと思う
8.他人の評価が気になる
9.他人の目を気にして行動することが多い
10..しばしば人から言われた通りに行動してしまう

---

お疲れさまでした!
さて、それぞれのブロックについて説明します。

---

【CP】
Critical Parent=支配的な親、批判する私
ドラえもんで言うとジャイアンです。
CPが高い人は正義感が強く、道徳的で規則をよく守るなどの肯定的側面を持つと同時に、否定的側面として権威的、批判的で偏見を持つようなところもあります。
CPが低いとルーズで規則や時間、約束などが守れず信頼感を得にくくなります。

【NP】
Nurturing Parent=養育的な親、優しい私
ドラえもんで言うとしずかちゃんです。
NPが十分高い人は思いやりがあり、優しくて包容力があるなど、肯定的な側面を発揮しますが、世話を焼きすぎる、相手を甘やかす、感謝の押し売りをするなど否定的な側面も見せる傾向があります。
NPが低いと周囲の人に関心がなく、冷たい印象を与えるので敬遠されてしまいます。

【A】
Adult=大人の私
ドラえもんで言うと、ドラえもんです。
Aの機能は思考や情報のやりとりをしますが、その時「親」や「子ども」の自我状態に関わりを持って行動します。
この時【A】が十分機能していれば、肯定的で最適な行動が取れます。
しかし【A】が過剰に働くと、やはり否定的な側面が出てきます。

【FC】
Free Child=自由な子供、自由な私
ドラえもんで言うと、のび太です。
自分のやりたいようにしたい気持ちを優先させます。FCが十分高い人の肯定的な面は行動力があり、のびのびとして創造力が豊かです。一方、否定的な側面として自分勝手で軽率な振る舞いをして周囲に迷惑をかけるところがあります。
FCが低いと消極的になり、自ら楽しむことをしなくなります。

【AC】
Adapted Child=順応した子供、順応した私
ドラえもんで言うと、スネ夫です。
ACが十分高い人は、肯定的な側面では周囲に協調的で協力を惜しみません。少しでも周囲に迷惑をかけないように気を使い、周囲に波風を立てないようにします。一方、否定的側面として相手に依存的な態度を取り、つまらないことで遠慮したり、妥協したりします。
ACが低いと頑固に意地を押し通したり、言い出したら人の意見を受け付けないところが出てきます。

---

どうでしたか?
ドラえもんに例えるととてもわかりやすいなと感心しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近況

1/7
しげのライブ。
池ノ上駅前でしげに会い、ブレヒトも合流。
3人で横並びに歩いていることが、なんだか夢のよう。
本当に久しぶり。
会場はハラッキという小さなバー。
マスターはしげの古い知り合い。
リハが始まると、なんと箏が2台。
 
 
Aii4kx3cmaeol5l
 
 
Aii3qiwciaazdzd
 
 
Img_6999
 
 
超久しぶりの共演。
泣ける。
 
 
Aii4dk4ciaaoohk
 
 
ライブ後も、わいわい、ごちゃごちゃ。
 
 
Aiknnumcmaaqhfe
 
 
とにかく楽しい夜だった。
しげらしい夜というか。
しげの歌には、しげの歌にしかできないことが確実にある。
 
 
1/8
藤田悠治@代々木ブーガル。
ベースのみつるくんとのデュオ編成。
とにかく演奏のレベルが高く。その緊張感たるや半端ない。
3人でやったのは4曲だけなのに、すごい疲労感。
でも、今日の演奏はみんな集中できた。
いい感じのライブだった。
PAの内田さんのおかげもすごく大きいと思う。
終わった後、3人でナチュラルローソンのイートインコーナーでプチ打ち上げ。
嬉しい時間。
 
藤田くんが本気でぶつかってきてくれるんだから、こっちも本気でやろう。
って思う。
信じてくれてありがとう、精一杯やるよ。
 
 
Aiyagjfcaaebrda
 
 
1/10〜
介護の職業訓練校に通う。
授業はとても面白い。
個性的な先生たちが、実体験を交えて熱心に話してくれる。
しかし、僕はなんでここにいるんだろう?
という思いもあり。
不安というか、閉塞感というか、日々少し不安定。
楽しいんだけど、なんだか日々申し訳ない気持ち、というか。
 
 
Aiyix_5ciaecpyq
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謹んで新年のお慶びを申し上げます

明けましておめでとうございます、とちょっと言いづらい新年です。
皆さま、今年もどうぞよろしくお願いします。
今日は元旦でして、頂いた年賀状の中に「ブログ見てます」というコメントをいただいたので、慌てて更新している次第です。失笑

前回の更新(2011/12/9)の後、職業訓練校には合格しました。
比較的家から近い福祉系の専門学校に、1/6から3/28まで通います。

運動は結構毎日続けています。
有酸素運動がいいと聞いたので、自転車を低速でできるだけ20分以上こぐようにしています。
最初は寒いのですが、10分くらいこぐとだんだん体があたたまってきます。

12/26の誕生日記念ライブは、とてもいいライブになったと思います。
私のギター弾き語り以外は。笑
お客さんも、最初は少なかったのですが終わる頃にはちょうどいっぱいくらいになりました。

今年は本当にいい音楽活動をさせていただきました。
藤田悠治くんにはワンマンライブに呼んでいただき、満員の観客の前、ステージ上で出演者3人で手をつないでバンザイしたのがとても心に残っています。
デイジー☆どぶゆきさんとは、ケンカ別れしてしまった前のバンドから4年ぶりに、ソロアルバムのレコーディングに呼んでいただき、レコ発ライブにも参加させていただきました。
しげとは6年ぶりくらいに、しげの結婚式に誘われて一緒に演奏しました。
しげも12月生まれだったので、しげが7年前に出したギター弾き語りのCDに、僕が後からパーカッション、ベース、コーラス、ピアノを重ねて新しく5曲入りのCDを作ってプレゼントしました。
そのCDは誕生日ライブに来てくれた人全員にプレゼントしました。
ドラムの早坂泰彦くんとカリンバのHIROYUKIさんとは、パーカッションとのトリオで真剣勝負させてもらいました。

みんな、いろんな大事なことを教えてくれました。
音楽は勝ち負けだ、と言った人もいました。
仲間を信じることを教えてくれた人もいました。
音楽を続けてきてよかった、と本当に思います。
これからも真剣に続けていきたいと思います。
 
 
Img_0174
 
 
Img_4945
 
 
Img_8427
 
12/29は福島県南相馬市原町区にあるライブバー、SHOUTにて行われたライブに参加させてもらいました。
震災後の被災地に行くのは初めてでした。
SHOUTは福島第一原発から約25kmの距離にあります。
出演された方は、今、原発から一番近いライブスポットだと思う、と言っていました。

ずっと、震災に対して何かしなきゃという思いはあったのですが、今まで何もできずにいましたが、やっと機会をいただいて行くことができました。
行ってみると、スーパーのレジには行列、とんかつ屋さんに入ったら5~6組待ちの大盛況。
正直、もっと寂しい感じなのだと思っていました。

震災が起きるまでずっと現地に住んでいた友人に、津波で流された海沿いの地域に連れて行ってもらいました。
ガレキも撤去されて何もなく、ただ雑草が生えている平野という感じで、僕にはそこで多くの命が失われたということを実感することができませんでした。
家はきれいに流されたのに木はけっこう残ってるんだな、強いなとか、そんなことを考えていました。
何もない平野の中に墓石だけがいくつも立っていたのが、強く記憶に残っています。

ライブはとても盛り上がってとても楽しい夜だったのですが、結局誰からも「また来てね」という言葉を聞くことはありませんでした。
放射線量がまだ高いせいで、来て欲しくてもまた来てと言えないのだなと思いました。
言われなくても、機会があればまたいつでも行って演奏したいなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年5月 »