« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

記憶

 
Img_0814_2
 
Img_8464
 
Img_5859
 
Img_6523
 
夜11時、僕は自転車をこいでいる。
 
暗くて静かな、広い道に出た。
 
前にも後ろにも、車は一台もいない。
 
ただ僕の乗る自転車だけが走っている。
 
星がきれいだ。
 
雲がよく見える。
 
空を見上げると首が痛い。
 
平和だ。
 
猫がいると幸せだけど、前みたいにいつでもどこにでも行ける自由はなくなった。
 
でも、今は平和だ。
 
そのうち母も亡くなってしまう。
 
のんびりと楽な仕事をしている自分も、近い将来いなくなるだろう。
 
今が平和だったことを憶えておこう。
 
幸せだったことを。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食えない仕事

Img_3419
  
Img_3164
 
Img_6502
 
Img_0129
 
学校のことを調べれば調べるほど、「それだけの大金と年月をかけて取る価値のある資格ではない」「悪いことは言わないからやめておいた方がいい」などと出てくる。
私が調べていた職業は音楽とは全く違う仕事なのに、その仕事で食べていくことは音楽で食べていくくらい難しい、と書いてあってびっくりした。
やりたいことと、お金になることは違う。
どの分野でもそういうことがあるんだなと思った。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学校へ行こう

Img_1421
 
昨日はネットでいろんな学校を調べていた。
やっぱり自分は勉強がしたいんだなと思った。
 
学校へ行こうっていう番組があったなあ、確かTOKIOが出てたよな・・と思って調べてみたら、V6だった。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日までのがらくたを 処分処分

Img_9901
 
がらくたじゃないけど。。
タイトルは笑っていいとものテーマソング。
 
オークションで、ギターを新たに3本と、ギターケース、それと車のバッテリーを出品した。
やっと前に向かって一歩踏み出せた、そんな気がした。
売れるといいな。
 
ベース、キーボード、音源、シンバル、エフェクター、カーオーディオ、レコードなど、売りたいものはまだまだたくさんある。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おじさんのはなし

Img_9515
 
会社のメール室(郵便係)のおじさんと話した。
 
おじさんといってももうほとんどおじいさん。
メールおじさんの友達の話。
友達のお父さんがボケちゃって、大も小ももトイレでしてくれなくて、もう介護に疲れちゃって本当に死んでほしい、でも殺すわけにいかないから、俺が死にたいって言ってたらしい。
結局そのお父さんは亡くなって、友達もなんとか自殺せずにすんだ。
お葬式でその友達が「本当におやじが死んでくれてよかったよ」と話していた、という話。
 
もう一人は、メールおじさんと一緒に働いていた人。
その人は高血圧もちで、「死ぬならポックリいきたいよねー」と話していたらしく、高血圧の薬を飲んだ方がいいよ、とおじさんが言っても聞かず、薬を飲まなかったら本当に高血圧で倒れてしまった。
けれど、亡くなったわけではなく、植物人間になってしまったそうだ。
その人の息子さんが介護することになって、息子さんが結婚のために貯めていた資金がすべて病院代に消えてしまったそうで、結婚の話も無くなってしまったという話。
 
私はつくづく恵まれているのに不満や悩みばかりなんだな、と思った。
そりゃ、ぜいたくってもんだよ。
 
最後におじさんと、「今度一緒にお酒飲みましょうね」と話した。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まよいはしる

Img_2956
 
Img_5909
 
迷うっていうことは、他にも選択肢があるということで、余裕があるから悩めるのかもしれない。
迷うっていうことは、ぜいたくな悩みなのかもしれないと思った。
 
自分と同じように、迷っている友達がいる。
見ていて、迷走しているなあと思う。
その友人を見ていると、うじうじ悩むのなら、キツくてもいいから一度やりたいと思ったことを思いきりやればいいのに、と思う。
でもチャレンジしてみて、一度くじけてもう諦めてもいいやと思ったのなら、「これになりたい」という思いがその程度のものだったのかもしれない。
またはその途中で、何か他に大切なものを見つけたのかもしれない。
それならそれで、幸せなことだと思う。
 
迷いも悩みも、急にすべての答えがみつかることなんてない。
迷いながら、悩みながら、ひとつひとつ進んでいけばいいと思う。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

転職について

Img_3905_
 
転職について考えている。
 
いろんな所へ行く仕事がしたいと思っていた。
あちこち飛び回り、毎日寝る所が違う暮らしをしたいと思っていた。
なのに現実は、猫を飼って週5日会社に通いデスクワークをしていて、理想だった生活とは正反対とも言える暮らしをしている。
どうしてこうなったのだろう。
 
自分の意思に反しているように見えて、この道も確かに自分が選んだもの。
自分の中のどこかにこういう暮らしを望む欲求があったから、今こうしてここにいるのだろう。
 
けど、動きたい欲求もある。
英語も音楽ももっと頑張って、実力をつけたい。
家にある物をもっと捨てて、風通しを良くしたい。
 
スリムクラブっていうお笑いコンビが、M-1グランプリで準優勝して急にものすごい数の仕事のオファーが来たらしいが、そのギャラが振り込まれるまでは4ヶ月ほどかかり、それまでの給料は月約6万円だそうな。
Wikipediaで調べてみたら、同い年だった。
 
みんながんばってるなー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

純粋と、本気。

Rimg0574_2
 
テレビで、「淀川テクニック」という二人組のアートユニットを紹介していた。
大阪の淀川の河原に打ち上げられたゴミを使って、立体作品を作っていた。
インタビューを見たが、エコっぽことは一言も言っていなかった。
ただ純粋に、この材料の色あせた感じがいいとか、形が面白いとか、河原を歩いているとどんなものに出会うかわからないワクワク感とか、そんなことを話していた。
作品はとってもよかった。
拾った材料には着色をせず、拾った時のままの色を生かしているそうだ。
ネットで調べてみたら、同い年だった。
 
久しぶりの友達と夕食を食べてきた。
本気で生きていた。
思い切って踏み出して、彼が中学生の頃からずっとやりたかったことをやっていた。
すがすがしい顔をしていた。
彼の話は面白かったなー。
 
友達を大切にしたいって思う。
そしてやりたいことを思いきりやればいいんだな、って思う。

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土曜日と日曜日をまちがえた。 

Img_7170
 
久々の日記。
 
先週の日曜日、「ミュージシャンの新年会」があった。
ミュージシャン友達が集まって、適当にセッションしたりするイベント。
楽しみにしていたのに、イベントのことを完全に忘れて、実家で宇多田ヒカルの特番を見て、酒を飲んで寝てしまい、気がついたら深夜3時に布団の中。
ものすごく落ち込んだ。
一番大切にしなくちゃいけない友情を踏みにじってしまった。
また会いたいと思っても、一年後に同じようなイベントがあった時にしか会えないだろう。
なんという一年の幕開け・・・。
今年一年が暗雲に包まれた。
「本当にごめんなさい、とりあえず明日電話します」と深夜3時過ぎにメールだけした。
明日はもう月曜日、仕事だから目覚ましを朝6時半にかけて、寝よう。
と思ったけど、心がわさわさしてとても眠れる状態ではないので、風呂に入った。
風呂に入ったら、だんだん冷静になってきた。
「待てよ、もしかして、今日が日曜日なのでは・・・」
そう、一日間違えていたのだ。
土曜の夜を日曜の夜と勘違いしてしまった。
多分、金曜から土曜にかけてがとても濃くて、いろんなことを考えたので、土曜日の一日で土日の二日分過ごしたような気分になったのだろう。
イベントをすっぽかしてなんていなかったのだ。
ものすごくほっとした。
 
イベントに行けてよかった。
 
テレビで鶴瓶さんが、「生きている間が、夢を見ている時間。死んだら目を覚ます」と言っていた。
「この世は夢。夢は自分でコントロールできるんだから、どうせ見るならいい夢を見たい」みたいなことを。
 
現実感がなくて、自分の身体と心が結びつかなくて不安になることがある。
でも、現実感がなくてもいいのかな、なんて思った。
 
イベントでジャンベを叩いたら、左手が痛かった。
去年の12/27の誕生日ライブの時に、ジャンベを思い切り叩きすぎたせいだ。
この痛みは、とても現実感がある。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実家依存症

 
Img_2191
 
Img_1811
 
最近は実家に依存しています。
避難しているような気分。
おかげでバランスよく栄養を取らせてもらっています。
 
連休は毎日自転車に乗っていました。
プールに行ったり。
 
今年の抱負は友人を見習って「アクティブ&ポジティブ」で行きたいな。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

願い

願い
 
元気でいてほしい。
 
無理せず 背伸びせず 楽しく 生きていてほしい。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011 FW1 Hop, Step and Jump

Img_2722
 
あけましておめでとうございます。
一昨日からまた、派遣社員の仕事が始まりました。
「FW」というのは私が今働いている会社での週の数え方で、FW1は2011/1/3から1/9までになります。
今年は全部で52週間で計算されます。
 
年末年始は、ずっと実家でだらだらしていました。
ごはんを食べ、お餅を食べ、ラーメンを食べ、ビールを飲み、ワインを飲みました。
きっと太ったと思います。
 
本を読みました。
友人に借りている本から先に、群ようこさんのエッセイ、吉本ばななさんのエッセイ。
この間ブックオフで買った7冊の本は、まったく手をつけていません。
 
少し自転車に乗りました。
少し、元気になりました。
 
一昨日、庭で野良猫が死んでいました。
うちの中にも何度も上がり込んで来ていた子だと思います。
これで、うちの庭で野良猫に死なれるのは二度目です。
遺体はまだ何もしていないので、そのままそこにあります。
 
昨日、家に帰ったら家の床がおびただしい量の鳥の羽で埋め尽くされていました。
どうやらうちの猫が鳩を捕まえてきて家の中に連れて来ていたぶり殺したようで、遺体もありました。
鳩の遺体はとりあえず、猫の遺体の横に一緒に置いておきました。
 
「ホップ、ステップ、ジャンプ」は、英語ではHop, Step and Jumpと書くそうです。
今年は勇気を出して、前に向かってジャンプしたいと思います。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正月の近況

Img_7341
 
正月は実家にばかりいました。
お雑煮を食べたり。
母と妹と一緒に出かけたり。
テレビを見たり。
字の本を読んだり。
昼間からビールを飲んだり。
薬を飲まなくなったからか、食欲がすごくて食べてばかりいました。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

薬に助けられ、のち、苦しめられる

薬に助けられ、のち、苦しめられる
 
もう嫌だ。
 
ふらつく。
ぶつかる。
わすれる。
なくす。
 
手元が狂って、猫缶と部屋用の芳香剤を床にぶちまけた。
芳香剤がこんなに臭かったなんて。
手についた臭いが取れない。
吐き気がする。
もう二度と芳香剤なんて買わない。
 
来たばかりの年賀状をどこに置いたのか、いくら探しても見つからない。
無くしてしまってごめんなさい、と返事を書こうか。
あ、住所がわからない。
さっきまで着ていたジャンパーはどこに置いたんだっけ。
 
こうやって、あなたのことも忘れてしまうのだろうか。
どこに置いてきたのかわからなくなって、ずっと探し回るのだろうか。
 
もう二度と、安定剤なんて飲みたくない。
本当は薬を全部捨てたいけど、不安に包まれてどうしようもなくなった時のことを考えると、捨てられない。
でも、もう飲まない。
薬は一時的にしんどい気持ちを抑えてくれるけれど、飲み続けないと、飲むのをやめた時がしんどすぎる。
飲んでも飲まなくても、結局しんどくなるのなら、もう飲まない。
 
何も考える暇がないくらい、身体を動かしたい。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »